フレキシブルコンテナ基礎知識

フレキシブルコンテナのJIS③【落下衝撃試験について】

今回はJIS③の記事になります。

 

JIS①の記事の中でコンテナの製品性能試験方法は3種類ありました。
どんな内容だったかな~?という方は下記の記事をご覧ください。

フレキシブルコンテナのJIS①

 

 

今回はその中でも落下衝撃試験について見ていきます。

 

 

皆様もグラス・お皿などを落としてしまい割ってしまった経験があると
思います。

waretasawa

 

ガラスが飛び散って危ないですよね。

 

フレキシブルコンテナも安全に設計はされておりますが、イレギュラーな出来事が
起きることで落下し、破損してしまうことも稀にございます。

 

例えば、誤って、フレキシブルコンテナが落ちてしまったとき、

フレキシブルコンテナが破れ、中身が出てきてしまうこともあります。

 

 

fusen4_haretsu

 

 

 

 

万が一のことを考えて、フレキシブルコンテナの安全性を確かめるために、

JIS試験では、落下衝撃試験を実施致します。

 

クロススタンダード形・クロスシングル形どちらも条件は同じです。

 

フレキシブルコンテナを0.8mの高さから硬く平らな面に1回落下させ、

充填物の漏洩や、フレキシブルコンテナの側面と底部の破損の有無を調べます。

 

 

 

camera_broken_rakka

 

 

 

 

フレキシブルコンテナの充填物が漏れていなかったり、

フレキシブルコンテナ本体に破れなどの異常が見られない場合は、合格となります。

 

 

pose_goukaku8_businesswoman

 

落下試験はこのような内容になっております。

次は、圧縮試験及び積重ね試験を見ていきましょう。

 

 

 

to be continued….

 

カテゴリ一覧

PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー